内山安雄のアジアンな日々

奨学金制度を主宰する職業作家、内山安雄の主戦場であるアジアの話題を中心に

集会

内山アジア教育基金の、奨学金の支給会やパーティ、集会は、写真のような感じで定期的に催されています。

大所帯になってきたので、一堂に会して、ということがむずかしくなってきました。

よって何度かに分けて開催されているようです。

子どもたちが楽しく、のびのびと、勉強に先んじて、それが基金の願いです。

 

 

パリのトラム

パリにはトータルで300日ほど滞在したり居住したり、数十回は訪れています。

が、トラム(路面電車)が走っていること、ずいぶん長い間知らずにきました。

パリ郊外に向かって走る路線が多いようですが、趣が、風情があります。

 

 

広告ブロッカー

ネットの広告が表示されない、有償版の「広告ブロッカー」を入れています。

が、最近、you-tubeだけは広告ブロッカーを外さないと閲覧できないようになっています。

そこでもっとお高い広告ブロッカーを入れたら、さすがのyou-tubeもお手上げのようです、が、すぐに対抗措置をこうじるはず。楽しいイタチごっこ

 




新たな支援者を

内山アジア教育基金の初期からの超優等生の奨学生です。

残念ながら支援者さん、勇退につき、新しいスポンサーさんを大募集中です。

性格、素行とも申し分ありません、保証付きです。

どなたか、よろしくお願いいたします。

 

 

 

新入りの奨学生

新入りの奨学生、中学生、すごい成績表を送ってきました。

文句なしの学校でトップです。

友人ジジイの孫娘ですが、もちろん忖度などあるはずもなく。祝祝祝祝!

名前は秘しますが、2枚目の写真はあくまでも内輪向けということで、誇らしげな本人の希望があるので、時限的に、一時的に公開します。基金に応募して、ウチヤマの面接を受けたおりのものです。

 






恩師の森山弘毅先生と鄙廼一曲(ひなのひとふり)

森山弘毅先生は、今では唯一の恩師となりました。

苫小牧高専時代から私淑し、50年以上、毎年帰省のたびに必ず2人酒で歓談を。

来週都心でお会いすることに。

それに備えて森山先生の名著、古典文学の研究書「鄙廼一曲(ひなのひとふり)」(岩波書店刊)を再読、精読、主人公ともいうべき菅江真澄の人生をたどっています。

真澄は生涯を旅に生き、書を記した国文学者です。恐れながら内山安雄の大先輩であられます。