内山安雄のアジアンな日々

奨学金制度を主宰する職業作家、内山安雄の主戦場であるアジアの話題を中心に

ラオスの息子

私のことを幼い頃からパパと呼んでくれていたラオスの息子より、近況報告あり。

国立ビエンチャン大学の経済学部を出て銀行マンに、そして学生時代からの彼女と結婚を。祝祝祝祝!天才的な頭脳のあの少年が……。応援してきた甲斐があります。